女性のいないサイト

2013-09-18

現代のように、出会い系サイトが飽和している時代は、何か他のサイトに負けないような工夫をしないと、登録人数を増やすことも、利益を出すこともできません。
しかし、負けないようにとは言っても、なかなか工夫のしようがない、という部分があります。
他の出会い系サイトよりも、登録人数が多いということを売りにするにしても、そういったことをアピールするためには、地道に人数を増やすか、サクラを雇うかのどちらかを選択しないといけません。
また、「登録している人がたくさんいる」ことをしっかりと証明できないのであれば、アピールしても信じてもらえませんし、ウソをアピールして登録させても、ウソがバレればすぐに退会されてしまいます。
そのため、打つ手のなくなった近年の出会い系サイトは「雑誌に載りました!!」などとアピールするようになってきたのです。
しかし、その雑誌というのは、本当は存在しない雑誌である場合も多くありますし、実際には一度も掲載されたことのない雑誌であることもあります。
そういった虚実をアピールしないと会員数を増やすことができないため、悪徳で知名度の低い出会い系サイトは、よりリアルに、大げさに、そういった宣伝を流すのです。
つまり、「雑誌に載ったことがあるなら安心」だと感じるのは、早合点でしかありません。
そういった宣伝を見つけたときには、「そんな雑誌あったっけ?」とまず疑うようにしてみることをオススメします。

Copyright© 2010 無料で理想の出会いが見つかるサイト All Rights Reserved.